バストを大きくできる施術|美しく花となれる|美容外科で明るい人生を歩もう

美しく花となれる|美容外科で明るい人生を歩もう

レディ

バストを大きくできる施術

女の人

自身の脂肪でバストアップ

世の中の女性の多くは、もう1、2カップ、バストアップをしたいと考えているものです。胸が大きければ、流行の服をきれいに着こなす事ができます。また、女性としての自分に自信をもつ事も可能になるのです。ただ豊胸施術と言うと、メスを使うので怖いと二の足を踏む方が多いです。そんな方にお勧めなのが、自身の脂肪でバストアップできる脂肪注入術です。脂肪注入とは、お腹や太ももから脂肪を吸引して、バストに注入していく施術です。従来のシリコンバッグによる治療と比べて、体への負担がないです。なので、横浜の美容外科には女性の多くが相談にいらっしゃいます。ただし、脂肪吸引は、女性の誰もが適している施術とはいえないです。バストの状態によっては、注入した脂肪が定着しないケースがあるからです。脂肪が定着するには、注入された脂肪に血管ができないといけないです。血管から酸素や栄養をもらう事で、脂肪が健康に保たれるからです。血管ができないと、脂肪は定着せずに吸収されてなくなります。基本的に、バストの皮膚が伸びた状態の方は、注入した脂肪は圧迫されにくいです。そのため、血管と繋がり易くなるので、脂肪が定着しやすい傾向にあります。その逆に、胸の骨が浮くくらい痩せている人、皮膚が薄い人は、脂肪注入にむいてないです。注入された脂肪は、皮膚や骨に圧迫されるので血行が良くない状態になるからです。施術を希望される場合、横浜の美容外科の医師と施術に向いているか確認することが大事です。

施術後に気をつけること

脂肪注入による整形は、バストアップに高い効果があります。脂肪を注射で入れていくだけなので、体への負担もそれほどないです。ただ施術が成功するか否かは、術後の過ごし方が大事です。まず、横浜の美容外科での施術を終えたら、タバコを吸うのは厳禁です。というのも、タバコを吸うと、脂肪の定着を阻害する要因となるからです。タバコには、体中の毛細血管を収縮させる働きがあります。したがって、注入された脂肪周辺の毛細血管も同時に収縮するので、血行が悪くなります。血管から酸素や栄養をもらえなくなるので、脂肪が体に吸収されてしまいます。確実にバストアップをするには、手術をして少なくとも3ヶ月間は禁煙する必要があります。その他にも、施術後は絶対にブラジャーをつけるのは厳禁となります。その理由は、タバコを吸ってはいけない事と同じ事です。ブラジャーをする事で、バストを外部から強く圧迫してしまいます。すると、血行の流れが悪くなるため、脂肪の定着に必要な酸素や栄養が届かなくなるのです。なので、3ヶ月間は、ブラジャーは使わずに、大きめのスポーツブラなどを使うといいです。横浜の美容外科での施術後は、生活習慣に気をつける事が要求されるといえます。